新着記事「LUSH オーシャンヴェールウォーターの使い方と、使用口コミ!」

静電気は?髪の毛が引っかからないブラシ「タングルティーザー」がすごいので口コミする

スポンサーリンク

櫛を通すのに髪の毛が引っかかっちゃうことってよくありますよね。すっとブラシが通る髪が理想ですが、絡まってなかなか通らないこともしばしば。

冬だと静電気も気になります。

そこで髪の毛が引っかからないブラシで有名な「タングルティーザー」を買って数ヶ月使ってみたのですが、効果がすごかったので口コミを書き記そうと思います。

 

アイキャッチ画像「絡まらない引っかからないブラシタングルティーザー」

スポンサーリンク

タングルティーザーとは

Amazonの商品説明を引用すると、

 

髪のもつれ絡まりをストレスなく解きほぐしブラッシングによるキューティクルへのダメージを最小限に、髪本来の艶と輝きを甦らせるヘアケアブラシ

 

とのこと。商品のパッケージには、

 

ブラッシングだけでサラサラ。艷やかな美しい髪へ。
・「タングルティーザー」は髪に無理な負担をかけることなく、まるで魔法のようにもつれを解きほぐすイギリス生まれのヘアブラシ。
細い髪や傷んだ髪、濡れた髪でもスムーズに解きほぐし、お子様からご年配の方まで幅広く効果を実感できます。ウィッグやエクステンションのお手入れにも。
・ブラシの毛先が丸く加工されているので、頭皮のマッサージにも効果的です。

 

と書かれています。

 

タングルティーザー箱裏の説明

 

なぜ、絡まらない魔法のブラシと言われるほど効果があるかというと、

 

  • 特殊素材の独立した長いのと短いのの2種類の毛先が、おなじ間隔で交互にならんでいる
  • クシとブラシの両方の機能を持ったつくりをしている
  • 人間工学に基づいたデザインで、ブラッシング時に負担がかからない

 

だと説明されています。実際の効果については下で口コミします。

通販ならAmazonや楽天、店舗ならロフトやドンキやコストコでも売っています。値段は2000円ちょっとで、割引されているところもあります。

タングルティーザーの効果がすごい!

いやもうこれほんとうにすごいんですよ。感動するレベル。

 

タングルティーザー

本当に引っかからない・からまらない

ふつうのブラシだったらからまる・引っかかって、毛先の方から徐々にときほぐしていかないといけません。

これがタングルティーザーならまず引っかかりません。すこし引っかかっても、すぐにとかしてくれます。

 

毛並みがそろうので髪はサラサラになるし、からまっていない状態をキープしていれば髪へのダメージもおさえられます。

静電気もおさえられる

冬になるとブラッシングするだけで髪の静電気がすごいですよね。ボサボサになりますし、ダメージにもなりますし、なによりうっとうしい・・・。

なのでクシの材質選びが結構重要です。

 

静電気をおさえられるブラシとして、ブタの毛やつげ櫛があります。ブタの毛のブラシは実際につかっているのですが、おさえられるといってもやはり静電気が・・・。

 

タングルティーザーはほんとに優秀で、静電気もかなりおさえられるんです。といっても残念ながら、まったく静電気がおきないわけじゃないんですよね。

でも他のクシと比べたらまったく違います。わずらわしさが激減しました。

効果的な使い方

普段のブラッシングにはもちろん、お風呂に入る前・からまりやすい方はヘアドライの前に髪をとかしてあげるのをおすすめします。

髪がからまった状態でシャンプーをしたり、タオルドライしたり、髪を乾かしたりするのはだめ。髪にダメージをあたえる原因となります

 

お風呂に入る前にブラッシングして指通りをよくしてあげると、ひっかかることなくスムーズにシャンプー・タオルドライできます。くせっ毛で悩んでいる方にも効果ありです。

濡れた髪に使うのはNGでは?

髪が濡れている状態でクシ・ブラシを使うのはNGなのでは?と思うかもしれません。たしかに濡れた状態でふつうのクシでとかすのはダメージとなりますので避けるべきです。ただし髪がからまっている状態で乾かすのもおなじくNGです。

 

美容室でもブロー前の髪が濡れている状態でとかしてくれますよね。

ダメージにならないように目がつまっていない間が大きいコームなどを使うのですが、それとおなじようにタングルティーザーを使うことができます。

 

髪が絡まりやすい方はブローまえにさっととかしてあげましょう。

タングルティーザーの種類

タングルティーザーにはおもに5種類あります。

TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル

 

スタンダードな家庭用に向くのが「TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル」です。手にピッタリとフィットします。僕はこれを使っています。

TANGLE TEEZER タングルティーザー サロンエリート

 

サロン・プロフェッショナル用の「TANGLE TEEZER タングルティーザー サロンエリート」です。

値段は1番安いですが、うえのザ・オリジナルのほうが手になじみますし、ほかはあまり変わらないのでこちらを選ぶメリットはほぼないと思います。

Amazonならザ・オリジナルのほうが安いですし・・・。

TANGLE TEEZER タングルティーザー コンパクト スタイラー

 

もちはこびするなら、女性で小さいのがいいなら「TANGLE TEEZER タングルティーザー コンパクト スタイラー」がおすすめです。

カバーがついているので折れる心配もなくバッグに入れやすく、コンパクトで出先でもあつかいやすいスグレモノです。

 

ちいさめなので前髪をピンポイントでとかすにも使いやすそうです。

TANGLE TEEZER タングルティーザー マジックフラワーポット

 

お子さま用にデザインされているのが「TANGLE TEEZER タングルティーザー マジックフラワーポット」です。

ブラシの毛先がお子さま用にさらに細く柔らかくなっています。

柔らかく絡まりやすい髪のお子さまがいるならこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

 

ヘアーアクセサリーが入るポットがセットされていたり、好きなイラストや写真を入れられるなど、楽しめる工夫がなされています。

TANGLE TEEZER タングルティーザー アクアスプラッシュ

 

シャンプー、シャワー、スイミングなど濡れた髪に使うなら「TANGLE TEEZER タングルティーザー アクアスプラッシュ」です。

濡れたもつれ絡んだ髪を余分な力をかけずに解きほぐすのはタングルティーザーのなせるところ。

 

加えてこちらは縦置き型で、ブラシを丸洗いできて乾かしやすくなっています。通常のタングルティーザーだと注意書きに「構造上ブラシの接合部分から水が入る恐れがあります」とあります。

やや限定的ですが濡れた髪に使うならタングルティーザー アクアスプラッシュですね。

 

代表的なものを5つ紹介しましたが、髪が多い方やウェーブヘア向けのものなど他にも何種類かあります。

お手入れの仕方・洗い方

お手入れは軽い汚れなら布でふきとるか、水洗いしてくださいと書かれています。

汚れがひどい場合は中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗い、よくすすいだ後に水気を切って陰干ししてくださいと書かれています。

 

ただうえで書いたように「構造上ブラシの接合部分から水が入る恐れがあります」とありますので、水洗いはできればしたくないですね。汚れないように気をつけるのがベストです(笑)。

偽物に注意!?

タングルティーザーは偽物が出回っているようです。偽物は素材やブラシのカットの方法が違うのでまったく効果がありません。

かならず正規販売サイトで購入しましょう。

 

基本的にAmazonや楽天で多く口コミされているところは正規品です。その他のサイトで買う場合は公式サイトにのっている正規販売サイト一覧を確認してからにしましょう。

 

類似品・模倣品にご注意下さい|TANGLE TEEZER(タングルティーザー)

とにかくすごいから、使ってみてほしい

タングルティーザーを使ってみたらすごかったので、そのすごさと使用方法・種類などを書き記しました。

 

髪がひっかかって・絡まって悩んでいる方、くせ毛を少しでも改善したい方、ダメージをおさえてブラッシングしたい方、静電気をおさえて指通りの良いブラシを探している方などなど・・・いろんな方におすすめです。

というかほぼ全員におすすめです(笑)。

 

気になった方はぜひ使ってみてください!