乳液は男でも必要?男性の場合の付け方とおすすめ乳液を紹介

スポンサーリンク

乳液は男でも必要?男性の場合の付け方とおすすめ乳液を紹介 アイキャッチ

スキンケアとして化粧水を使っている方は多いと思いますが、悩みどころなのが乳液。皮脂が多い男性でも乳液は必要なのか、疑問に思う方も多いと思います。そこで、男の場合の乳液の使い方を記していこうと思います。

スポンサーリンク

乳液とは?

乳液の主成分は水分+油分で、肌の水分+油分を保つ効果があります。

 

一般的に化粧水のあとにつけるのも、浸透した化粧水の成分によって整えられた肌を乳液の油分で覆い、水分の蒸発を防ぐ役割があるからです。

とくに洗顔の後は皮脂が少ないので、乾燥肌の方はすぐに水分が蒸発してしまいます。適度に油分を含んだ乳液を用いることで、保湿効果が見込めます。

男でも乳液は必要なの?

油分による保湿が乳液の役目だと前述しましたが、もともと肌の油分が多い男性でも乳液は必要なのでしょうか。結論をいうと、必ずしも必要ではありません

 

肌の水分+油分は「適度」に保たれる必要があります。乳液は肌の状態をこの「適度」に持っていくために使う必要があります。

ですので、男性に限った話ではありませんが、十分保湿が出来ているのであれば、乳液を使う必要はありません。

皮脂がもともと多い男性は特に、乳液を使わなくても十分に保湿できる可能性が高くなります。

 

乳液が必要な方は「適度」に届いていない方、つまり洗顔後や入浴後に化粧水を使っても、しばらくすると乾燥してしまう方に限定されます。

乳液の付け方・タイミング

男性であっても乳液を使うタイミングは、洗顔後や入浴後で皮脂が洗い流された状態で、化粧水を使ったあとが一般的です。その他、乾燥したタイミングに合わせて使うことも可能です。

 

男性の乳液の付け方ですが、前項で述べた通り、乾燥しないのであれば付ける必要はありません。乾燥するにしても、比較的皮脂の分泌が多い額・鼻・鼻横、いわゆるTゾーンやその他「脂っぽくなる部位」を避けると、ギトギトになるのを防げます

。つまり乾燥する部位にだけ重点的につける、顔の領域ごとに量を変える必要があります。また季節によって、汗をかきやすい夏は使わずに、乾燥しがちな冬にだけ乳液を使用するなど、自分の肌の状態に合わせて使うと効果的です。

おすすめの乳液

それほど高いのを使わずとも、安いのでも十分に効果が得られます。1000円以下でおすすめの乳液をご紹介します。

 

 

ドラッグストアなどでもよく見かけるラインナップですが、品質は高価なものに負けず劣らず、しっかり保湿してくれます。

ただ肌に合う合わないはどうしてもありますので、はじめは小容量を使ってみて、肌に合うなら大容量にシフトするのをおすすめします。

まとめ

乳液は男でも必要なのか、必要な場合の付け方はどうなのかについて記してきました。

要点をまとめると、乳液が必要なのは乾燥する場合だけで、顔の皮脂が多い部分につけすぎるとベトベトするので、肌の状態と相談して部位と量を決めると良い、というところでしょうか。

 

適切に使って、きれいな肌を保ちましょう!