ソフトで衛生的な舌クリーナー「ゼクリン」を数ヶ月使っての口コミ!

スポンサーリンク

舌苔のケアとしてかかせない舌クリーナー。最近はゼクリンを使っています。今までは「W-1 (ダブルワン)」という、スーパーに売っているものを1ヶ月で取り替えて使っていました。

使いやすかったのですが、水分を含んで汚れも落ちにくい設計のため、衛生面で不安がありました(パッケージにも1ヶ月で交換と書かれています)。

 

いい舌クリーナーはないかと探していると、歯科医院でも使用されている「ゼクリン」という舌クリーナーを見つけ、買って数ヶ月使用してみましたので口コミを記そうと思います。

 

ゼクリンアイキャッチ

スポンサーリンク

舌クリーナー「ゼクリン」の特徴

ゼクリンのパッケージ

 

舌クリーナーにはゴム製のものやナイロン製のものがあります。例えばさきほどの「W-1 (ダブルワン)」はナイロン製です。ゴム製のものでも100円ショップなどに売っているのは硬く、舌を傷つける可能性があります。

 

ゼクリン3段エラストマーブレードになっています。エラストマーとは弾性ゴムのことで、要はゴム製です。ただしゼクリンは特許取得のソフトエラストマーを使っていて、柔らかく設計されています。そして安心の日本製。

 

舌に溜まった食片などを舌苔(ぜったい)といって、口臭の原因になります。

ゼクリンの3段エラストマーブレードは1枚目のブレードで方向を合わせ、2枚目3枚目で根本までクリーニングして口臭を予防するように設計されています。

 

ゴム製のメリットは水洗いできれいになりやすいので衛生的なこと!またゼクリンの素材はとくにやわらかいため、舌に負担を与えづらくなっています

ゼクリンを使ってみての感想は・・・?

舌クリーナー「ゼクリン」

まずさわってみて、弾力があってめちゃくちゃしなります。そして手にフィットして持ちやすいように設計されています。さすがグッドデザイン賞。

 

使ってみて、舌苔はばっちりと除去できます。さすがに汚いので写真はないですけど(笑)。

3枚のブレードの作りは簡素なんですけど、しっかりと機能してくれます。全体がゴム製で弾力があるのでいい感じにしなり、無駄な力をかけずに舌を掃除できます

 

そして洗いやすいのなんの。水洗いで簡単にきれいになります。

 

感想をまとめると、端的にめちゃくちゃ使いやすいです。目に見えて舌苔を掃除できますし、ソフトでやさしいし、きれいに洗えて衛生的なので長く使えそうです。

これで400円くらいなんだから、コスパ最高ですね。

舌クリーナーの正しい使い方

口臭の原因となる舌苔を取るのに舌磨きが必要ですが、正しい方法でしないと逆効果です。歯ブラシを使うなどもってのほかで、逆に舌を傷つけてしまいます。

 

そこで優しい素材の舌クリーナーを使うわけですが、いくら優しいといってもやり過ぎは厳禁です。

多くとも1日1回!ごしごしこすらずに奥から手前に1回だけ舌全体をなぞったら完了です。このとき、力はかけずにやさしくなぞります。

奥まで入れてもおえってならない方法

舌クリーナーを奥に入れると、おえってなりますよね。

そういうときは舌を出したまま、「えー」と声をだしながら舌クリーナーを使ってみてください。こうするとおえっとなりません。覚えておくと快適に舌クリーナーが使えます!

ゼクリン、おすすめです

ここまででお分かりの通り、もうすっかりゼクリンを気に入っています。安い上に性能もよく、衛生的で長く使えるのですから、魅力的ですよね。

口臭予防に舌苔を取るのは必須ですので、おすすめです。

 

400円ちょっと、送料無料で買うことができますので、ぜひお試しください。

 

 

ご家族で使うなら、4本入りがおトクです。

 

 

舌と同時に、歯の間のケアも重要です。歯医者さんでもデンタルフロス(歯間フロス)の使用を推奨しています。