おすすめ記事「カスタマイズできるシャンプー「MEDULLA(メデュラ)」の口コミ!使った感想を書いていくよ!」

毛穴に!グリシルグリシンの化粧水を手作りしよう!作り方・効果をまとめるよ!

スポンサーリンク

グリシルグリシンは簡単に言うと毛穴の開きに効く成分です。

資生堂の特許成分ってことであまり他の化粧品には使われていないので、手作り化粧水で配合するのがお手軽です。

そこで、グリシルグリシンの化粧水の作り方と、効果の説明やコラム等をまとめていこうと思います!

グリシルグリシンの手作り化粧水の作り方

スポンサーリンク

グリシルグリシンの効果を説明するよ!

特許元の資生堂のページを引用すると、

毛穴は皮脂に含まれる「不飽和脂肪酸」によって炎症を起こすと、すり鉢状に大きく広がってしまいますが、『グリシルグリシン』はその炎症を抑え、毛穴の開きを小さくする効果を持っています。
さらに高い保湿効果を発揮し、キメを整えることも分かっています。

引用:資生堂 美容成分辞典( https://www.shiseidogroup.jp/ingredients/beauty-ingredients/glycylglycine.html )

 

つまり毛穴の周りが蟻地獄みたいな形になっちゃってて、それが毛穴の開きの原因と。

グリシルグリシンはこの異常な部分を正常に戻し、結果として毛穴周りが引き締まって毛穴の開きも改善されるってわけです。

 

いちご鼻で黒ずみ・汚れはあまりないんだけど毛穴の開きが…という方に特に有効だと思います。

角栓・黒ずみがある方は汚れを落とすのと同時進行ですね。

 

副作用は特に無いみたいです。

医療用に高濃度で使用する場合に少しピリピリを感じるくらい(皮膚に影響なし)なので、自宅・低濃度で使用する分には問題ないでしょう。

イオン導入が効果的だけど…

グリシルグリシンの効果をより引き出すには、イオン導入で浸透させるのが一番です。

イオン導入すると毛包(毛根を包んでるやつ)を介して皮膚に吸収されることが分かっています。

 

ただし1回8000円ほどと高いのと、グリシルグリシンのイオン導入は医療機関でしか受けれません(サロン等ではやってません)。導入してる皮膚科とかで受けれます。

家庭用のイオン導入機でもできますが、効果は医療用のほうが高くなっているようです。

グリシルグリシンの手作り化粧水の作り方!

グリシルグリシンの原末の様子

 

1番簡単な作り方は、精製水+グリセリン(5~8%くらい)の手作り化粧水に1~5%で配合することです。

基本の推奨濃度は1~2%で、高配合にする場合はパッチテストをしながら徐々に上げていってください。

 

さきやま
さきやま

あまり低い濃度すぎると効果なしなので、個人的には2~3%くらいで使うのがいいかなとおもいます!

 

水溶性のビタミンE誘導体原末とは相性が悪いので、一緒の化粧水に入れないようにお気をつけください。(効果がなくなる・薄くなります)

 

 

APSの手作り化粧水の様子

 

あとおすすめは皮脂をおさえる効果のあるビタミンC誘導体APPSと合わせること。

浸透率が高く低い濃度での配合でも効果があるので、ビタミンC誘導体の中でも比較的刺激弱めで使えます。

 

皮脂をおさえて美白効果も合わせながら毛穴ケアが出来るので、おすすめの組み合わせです。ニキビ肌の方にも。

APPSについては別記事「ビタミンC誘導体「APPS」の化粧水を手作りしてみよう!」をご覧ください!

美白に!ビタミンC誘導体「APPS」の化粧水を手作りしてみよう!

 

手作り化粧水全般については「手作り化粧水の作り方!材料の効果の解説とおすすめ成分を紹介します」をどうぞ!

手作り化粧水の作り方!材料の効果の解説とおすすめ成分を紹介します

グリシルグリシンの原末はどこで買える?

グリシルグリシンは薬局などではみないので、通販での購入になります。

 

グリシルグリシン原末のパッケージ

 

単品購入なら手作り化粧水の材料を売っているサイト「マンデイムーン 」がお手軽です。(僕もここで買ってます)

マンデイムーンでグリシルグリシンを見る

 

あとはAmazonや楽天でも。

 

上で紹介したAPPS1%+グリシルグリシン3%の化粧水が作れるキットも売っています。

グリシルグリシンの化粧水がついた濃厚本舗のAPPS1%ローションセット2、グリシルグリシンの化粧水がついた濃厚本舗のAPPS1%ローションセット、APPS化粧水が手作りできる

はじめての方はこれがいいかもですね。ただ容器の口が小さくAPPSの粉末は入れにくいです(笑)。

グリシルグリシン入りの市販の化粧水を買うなら?

グリシルグリシン入りの市販の化粧品は、特許の関係で資生堂だけです。(商品名リンクは資生堂の公式オンラインショップに飛びます。)

 

ちょっと高めだとエリクシール ルフレ ラインの

エリクシール ルフレバランシング ウォーター(化粧水)
エリクシール ルフレバランシング ミルク(乳液)

ですね。

 

\ トライアルセット /エリクシール ルフレバランシング スキンケアセット

 

あとは安めだとアクアレーベル ラインの赤色、

アクアレーベルバランスアップ ローション(化粧水)
アクアレーベルバランスアップ エマルジョン(乳液)
アクアレーベル ホワイトニングゼリーエッセンス(オールインワン)

もそうです。

 

\ トライアルセット /アクアレーベルバランスアップセット

 

成分とか詳しくないし手作り化粧水は…

という方は安めのアクアレーベル(赤)から試してみてください!