おすすめ記事「実際使っておすすめできる人気のクレンジングオイル5選!」

背中・デコルテニキビの原因と治し方、日常での予防まとめ

スポンサーリンク

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/deless/deless.net/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

治りにくいこともある背中・デコルテのニキビ

経験・知識をもとにその原因と治し方、日常で出来る予防をまとめていこうと思います!

 

さきやま
さきやま

普通のニキビとはちょっと違う特徴があって、ケアの仕方も変わってくるんです!

背中・デコルテにきび 原因と治し方

スポンサーリンク

治すために、まず試すこと

クロマイ-N軟膏

クロマイ-N軟膏

 

下のほうで詳しく説明しますが、背中・デコルテニキビは普通のニキビと違い、カビが原因かもしれません。

カビが原因の場合におすすめなのがクロマイ-N軟膏という医薬品です。

 

 

クロマイ-N軟膏は細菌にきく抗生物質だけじゃなく、カビにきく抗真菌成分が入っています。

とりあえず治すために、背中ニキビ・デコルテニキビの方にまず使って欲しい薬です。

 

さきやま
さきやま

もちろん普通のニキビの可能性もありますし、その場合はオロナインテラコートリルという医薬品もおすすめします!

背中・デコルテニキビ用の化粧水

オルビス クリアボディ スムースローション

 

カビ以外のニキビ・吹き出物の対策・予防に、抗炎症効果のある化粧水がおすすめです。

使いやすいのは逆さにしてもスプレー出来るオルビス クリアボディ スムースローション

 

 

スプレーで広い範囲に使えるので便利です。

肌を清潔に保ち、予防にも使える体専用の化粧水になっています。

 

さきやま
さきやま

ただカビが原因のニキビにはあまり効果ないので、治すというより予防に使うのがおすすめです!

より詳しくは↓

オルビス クリアボディ スムースローションの使い方と実際の口コミ!

背中・デコルテニキビの原因 

普通のニキビと違い、真菌(カビ)が原因の可能性も

背中ニキビ・デコルテニキビが厄介なのは、普通のニキビと違って、真菌(カビ)や黄色ブドウ球菌が原因の可能性があることです。

 

ニキビの種類病名原因の菌
背中・デコルテニキビマラセチア毛包炎、毛のう炎マラセチア菌(カビ)、黄色ブドウ球菌
普通のニキビ(背中・デコルテにも出来る)尋常性痤瘡アクネ菌

 

マラセチアというカビは健康な皮膚にもいますので、誰でもマラセチア毛包炎になります。

 

真菌(カビ)が原因の場合、普通のにきび対策の薬や化粧品を使っても治りません

「背中ニキビが何をしても治らない!」って人が多いのはここなんです。

なので抗真菌成分が入っているクロマイ-N軟膏がおすすめです。

 

そしてどちらか一方だけじゃなく、両方のニキビが出来ている場合もあります。

見分け方は分かりづらいのですが、ニキビより小さい赤いぶつぶつが均一な大きさで分布している場合、カビが原因の可能性が高いです。

お風呂での洗い残し・拭き残し

背中・胸が顔についで皮脂が多いのに加えて、汚れが溜まりやすい部分でもあるのがニキビの原因になっています。

シャンプー・トリートメントのすすぎ残し、整髪料の洗い流しが髪・頭皮から落ちて溜まる先が背中・胸です。

 

そして胸はともかく背中はボディソープで洗いにくい部分・入浴後に拭きにくい部分というのも原因になっています。

衣服の洗剤・柔軟剤があっていない

背中・胸といえば衣服が触れる場所。

衣服の洗濯につかっている洗剤・柔軟剤があっていないと肌荒れの原因になったり、すすぎ残しがニキビの原因になることもあります。

 

さきやま
さきやま

化粧品と同じく、洗剤にも刺激がつよいとかマイルドとかありますので、気になる方は調べてみてください!

やっぱりホルモンバランス・生活習慣・ストレスも

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなど、やはり体の内側からの原因もあります。

難しいかもしれませんが、ニキビが出来ている間だけでも、悪化させないために注意しておくのがおすすめです。

今日から出来る背中・デコルテニキビの予防

治すためには冒頭で紹介した医薬品を使ってみてもらって、今日からできる背中・デコルテニキビの予防方法をご紹介します!

とにかく肌を清潔に保つ

拭き取り化粧水で皮脂や汗を拭き取る

マラセチア菌は皮脂や湿気で増殖しますし、普通のニキビも皮脂による毛穴の詰まりが原因になります。

とにかく肌を清潔に保つために、皮脂や汗をそのままにしておかないことが重要です。

 

市販の汗ふきシートはスースーする成分が入っていたりで、刺激がちょっと強いのもあるので、おすすめは拭き取り化粧水です。

コットンに化粧水をしみこませ、背中や胸をやさしく拭き取ります。

こまめに着替える

肌の皮脂や汗を拭いても、服に皮脂や汗がついていたら意味がないので、こまめに着替えるのが理想です。

外から帰ったときや、夕方などタイミングを決めて着替える習慣をつけるのがおすすめです。

部屋を適温に保つ

皮脂や汗は室温が高いと出やすくなるので、惜しまずクーラーをかけて室温を適切に保つのも予防の1つです。

熱中症対策もかねて、部屋は涼しく保ちましょう。

お風呂で意識すること

お風呂から出る前に髪の毛と頭皮をもう1度すすぐ

もう1つ、つけて欲しい習慣は「お風呂から出る前に髪の毛と頭皮をもう1度すすぐ」ことです。

 

髪に残ったシャンプーやトリートメントの成分が頭皮に落ちてくるので、最後にもう1度洗い流すようにします。

すすぎ残しが頭皮にあると、下に流れたときに溜まりやすいのが背中と胸です。

 

頭皮トラブル・ニキビの予防になりますので、最後にもう1度流すようにしましょう。

洗い残しをなくし、重点的に流す

僕も髪が長いので、

 

髪に石鹸がつくとごわっとするから嫌!

 

という気持ちはすごい分かります。

それで無意識のうちに髪の裏=背中に洗い残しが多くなっている場合があります。

ただでさえ手が届きにくいところ、意識して首周り~背中をしっかり洗うようにします。

髪が気になる場合、ターバンなどで上げるのがおすすめです。

 

さきやま
さきやま

洗い流すときも、もう流れでシャーっと適当に流しがち…。重点的に流すだけで変わってきます!

衣類の洗濯を見直す

洗剤を変えてみる・柔軟剤をやめる

洗剤や柔軟剤が原因の場合、変えてみるとすっと治ることもあります。

また柔軟剤は衣類に残りやすいのでやめてみたり、柔軟剤入りの洗剤にして1つにまとめるのも手です。

コースをかえてすすぎ時間を長くする

洗剤や柔軟剤が残らないように、コースをかえてすすぎ時間を長くするのも効果的。

洗濯時間を短くするのにスピーディーコースやすすぎを1回少なくするコースを使っている方は、通常コースに戻してみてください。

 

さきやま
さきやま

ちなみに僕はこれで改善しました…

洗濯槽を掃除する

衣類を清潔に保つために、洗濯槽の掃除をしましょう。

 

さきやま
さきやま

生活ブログみたいになってきました(笑)。

 

洗濯槽の掃除をしたことない方は、はじめてするとびっくりするかもしれません…。

何年もつかっていると、カビやら汚れが洗濯槽にこびりついています

 

  1. 洗濯機に50℃くらいのお湯を上まで入れる
  2. 過炭酸ナトリウムとかオキシクリーンを溶かす
  3. 槽洗浄モードでまわしたら停止して数時間放置
  4. 浮いてきた汚れをすくい、汚れがなくなるまで脱水を繰り返す

 

3ヶ月~半年に1回を目安に、定期的に掃除するのがおすすめです。

 

背中ニキビ・デコルテニキビは治りにくい

ふつうのニキビと違い、背中ニキビ・デコルテにきびはカビが原因のこともあるので、普通のニキビケアでは治らないこともあります。

原因を知らないと、ずっと治らないまま間違ったケアをし続けることになります。

 

  1. カビが原因のこともあるので、正しいケアを
  2. 背中・胸は皮脂や汗、汚れが溜まりやすい場所
  3. 意外と衣服が原因なことも

 

日常での予防と、出来てしまった時のケア、今まさに悩んでいる方の参考になれば幸いです!

 

タイトルとURLをコピーしました