おすすめ記事「実際使っておすすめできる人気のクレンジングオイル5選!」

メンズメイクの眉毛の描き方、おすすめの眉メイクアイテムを紹介するよ!

スポンサーリンク

男性でも眉が薄かったり、剃るのに失敗したりで眉を描きたい!という方は多いと思います。

そこでメンズメイクの眉毛の描き方と、おすすめの眉メイクアイテムを紹介しようと思います!

 

形を整えることもできますし、左右の違いを揃えることもできます。

さきやま
さきやま

整えて色を少し明るくすると、全然印象が変わって垢抜けた感じになりますので、メンズでも眉メイクはめちゃおすすめです!

スポンサーリンク

メイクの前にまずは眉を整える

メイクをする前に、土台が整っていなければうまくいきません。

 

  • まわりの産毛を剃る
  • 長い部分をカットする

 

は最低限しておきます。

形をいじる必要はないので、メインじゃない・必要ない部分を剃っておきます。

産毛については、できれば毎日がいいですね。

 

基本の眉の描き方

画像を作ってみました。男性の顔のフリー素材がなかったので女性の顔ですが、基本は変わりません。

並行眉・アーチ眉などいろいろ種類はありますが、基本の形はこんな感じ。

 

基本の眉頭・眉山・眉尻の位置、アイブロウの描き方

 

  • 眉頭:目頭の真上より5mmほど内側
  • 眉山:小鼻と黒目の真ん中を結んだ延長線上
       もしくは黒目の外側と目尻の間
  • 眉尻:小鼻と目尻を結んだ延長線上~口角と目尻を結んだ延長線上

 

この形を基準にしてアイブロウで眉を書いていきます。

あと眉毛が生えている向きも意識します。

 

眉毛の生える向き

 

眉毛はよく見ると、眉頭は縦に生えてだんだん横になっていき、眉山の手前から覆いかぶさるように下向きに生えています。

眉を描いたり、描いたあとぼかす時はこの方向通りに筆を動かすようにします。

 

きれいに書くポイントは太くしないこと!最低限足りない部分を足すイメージです。あとは練習あるのみです。

どの眉メイクアイテムを使ったらいい?それぞれの使い方とおすすめ眉メイクアイテム

眉に応じた眉メイクアイテムの選び方・使い方と、それぞれのおすすめコスメ…眉マスカラとアイブロウですね、も合わせてご紹介します!

自眉が整っているなら眉マスカラだけ

自分の眉の形が整っていて、とりあえず不満はないって方は眉マスカラだけ使うのがおすすめです。

眉マスカラとは、ブラシで眉毛に色をつけるコスメです。

 

さきやま
さきやま

黒髪でも、眉が少し明るくなると垢抜けた印象になり顔が明るくみえます!

 

  1. 毛並みに逆らって眉毛に色を付ける
  2. 毛並みに沿って、毛並みを整えながら眉に色を付ける

 

ケイトの眉マスカラのブラシ

 

安くておすすめなのはケイトの眉マスカラで、色はナチュラルブラウン。

 

自然にばれない程度にトーンアップできます。

眉はあるけど薄い・ふんわり見せたいならパウダータイプのアイブロウ

 

  • 眉はあるけどちょっと薄いから足したい
  • 左右の濃さをそろえたい
  • すこしやさしめの仕上がりにしたい

 

こういう、眉はある程度ある方にはパウダータイプのアイブロウがおすすめです。

特に男性のほとんどは眉がある程度あるので、ペンシルタイプだとキツくなりがちです。

 

さきやま
さきやま

濃い眉でもふわっと仕上げられるのと、男性に多い皮脂にも強いのがポイント!

 

  1. 上で紹介した基本の眉の描き方を参考に、足りない部分を書く
  2. 薄い部分をふんわり埋める
  3. 眉マスカラで色を揃える

 

眉が薄いのを解消したいだけなら、薄い部分をふんわり埋めるだけでOKです。

特に眉頭はみんな薄めなので、ここも少し埋めてあげます。

 

アイブロウパウダーの色によりますが、大抵はブラウンで書くと思います。

なので自眉の黒となじむように眉マスカラで自眉にも色をつけて完成です。

 

ケイト デザイニングアイブロウ

 

おすすめはケイト デザイニングアイブロウ

僕が初めて買ったコスメでもあります(笑)。当時はEX-4番でしたが、今はEX-5番がスタンダードです。

 

ケイト デザイニングアイブロウのパレットの配色、上から濃いブラウン、ブラウン、薄いブラウン

 

基本は上の2色を使って眉を書いていきます。

一番下の色は単体か、真ん中の色とまぜてノーズシャドウにも使えます。鼻筋を通すノーズシャドウについては↓をご参照ください。

メンズメイクのノーズシャドウのやり方を解説するよ!鼻筋を通して立体感を

眉が細いか少ない・きりっと見せたいならペンシルタイプのアイブロウ

 

  • 眉が薄くて毛が少ない
  • きりっと見せたい

 

男性でも色素薄めな方はアイブロウペンシルがおすすめです。

 

さきやま
さきやま

女性だとペンシルタイプが一般的ですが、男性は眉が濃い目。なので基本はパウダータイプで、薄めの方はペンシルタイプを使うようにしましょう!

 

  1. 上で紹介した基本の眉の描き方通りに、足りない部分を書く
  2. 横に細く力を入れずに1本1本書いていくイメージで足していく
  3. 眉マスカラで色を揃える

 

コツは1本1本書くイメージで、力をあまり入れずにささっと横に動かしていきます。

同じく眉頭を少し埋めて、薄い部分も埋めて、足りない部分を足していきます。

最後は同じく眉マスカラで色をそろえて完成です。

 

資生堂の眉墨鉛筆

 

安くておすすめなのは資生堂の眉墨鉛筆

ほんとに鉛筆の形で、鉛筆削りで削って使う必要がありますが、1本200円~400円とめちゃ安いのが魅力的。

それでいて全然使えます。色はブラウンがおすすめ。

ただ短いので、力が入りすぎないように注意しましょう。

リキッドタイプはとりあえず候補外

リキッドタイプのアイブロウもありますが、慣れないとのっぺりなりがちでちょっと難しいので今回は候補外にします。

色々試してみて、上手くなったらチャレンジしてみてください!

眉で印象は変わる

ほんの少しの眉の形・色の変化だけで人の印象はめちゃくちゃかわります

男性の眉は太くて濃いので、野暮ったくなりがちです。

まずは整える習慣をつけた上で、眉メイクをしてより自分のイメージに沿った眉になるようになるのが理想です。

 

その上で、第1歩としてこの記事が参考になれば幸いです!

ってことで、メンズメイクの眉毛の描き方と、おすすめの眉メイクアイテムの紹介でした!

タイトルとURLをコピーしました