黒髪でも眉マスカラ!手軽にやさしい雰囲気+垢抜け感

スポンサーリンク

万年黒髪で自眉なのでアイブロウもほとんど使わないのですが、眉マスカラは結構しています。眉マスカラといえばブラウン系で、黒髪との相性が悪いんじゃないかと思ってしまいます。

実際に使ってみると、不思議なもので黒髪にも相性が良いことに気が付きます。

 

眉マスカラ アイキャッチ

スポンサーリンク

黒髪に合う眉マスカラ

髪色が暗いと、それに合わせて眉の色も暗くしないと浮いちゃいます。黒髪なのに眉が明るい茶色だとちょっと違和感がありますよね。真っ黒でもいいのですが、雰囲気がカチッとなりがちです。顔がひきしまってクールな感じに見えますね。

 

そこで眉色を少しだけ明るくすることで顔が明るくなり、雰囲気がやんわりふんわりと優しい印象になります。顔立ちが平坦なら垢抜け感もでるので、どうしても地味になってしまう方にもおすすめです。

おすすめの眉マスカラの色

黒髪に合う眉マスカラの色ですが、個人的なおすすめは暗めなブラウン~スタンダードなブラウンorグレーですね。

 

ブラウンの度合いによって上に書いたように雰囲気がかなり変わってきますので、どのくらい垢抜け感を出すか、クールさを残すかで明るさを選ぶと良いと思います。

グレーはベースが黒のまま、ごくナチュラルにふんわりした印象にみせることができます。眉が薄くなるイメージですね。垢抜け感はブラウンのほうが上ですが、グレーのほうはかなり自然に仕上がります。

 

服装で選ぶのも手だと思います。主観もありますが、明るいポップな服ならブラウン系の眉マスカラが似合いそうです。

クールさをより残したい場合はグレーの眉マスカラ+赤系のリップで、モノトーンのファッションにするとかがイメージしやすいですね。

 

ブラウン系グレー系
ふんわりした雰囲気
垢抜け感
ふんわりした雰囲気
クール寄り
明るいポップな服モノトーンベースの服

眉マスカラの使い方

使い方はまず普通に眉毛を書きます。あとから塗る色と合うように色を選びます。ただ自眉がある程度合ったほうが黒髪になじみますし眉マスカラも使いやすいので、黒髪にする場合は眉ものばすことをおすすめします。

 

眉毛が書けたら眉マスカラで眉頭から毛並みに沿うようにつけていくと自然につきます。ブラシに液体が付きすぎている場合があるので、余分な液体を容器のふちでしごくといいですね。

色があまりに付きづらい場合は毛並みに逆らう方向につけるとつきやすくなります。ただあくまで自眉に色をつけるイメージで、べったりつけすぎると不自然になりますし、せっかくのやわらかい雰囲気をこわすことになります。

おすすめの眉マスカラ

ケイト 眉マスカラ 3Dアイブロウカラー BR-1 ナチュラルブラウン

 

 

ブラウン系のおすすめ、現在僕が使っているのはこちらです。定価850円とめちゃくちゃ安いにもかかわらず、色も黒髪でもナチュラルに馴染みますし塗りやすさも抜群です。

他にBR-2 ナチュラルアッシュ、BR-3 ソフトブラウンがありますが、少し明るすぎるかなと思います。明るさは2>3>1の順です。色白な方や髪色が完全に黒髪ではなく、すこしブラウンが入っている方は2や3でも合うと思います。

 

ケイト 眉マスカラ 3Dアイブロウカラー BR-1の色味

 

ヘビーローテーションカラーリングアイブロウN03/アッシュブラウン

 

 

グレー系のおすすめはこちらです。以前はデパコスでそこそこ値段のするものを使っていたのですが、発色も塗り心地もあまり変わらないのでこちらに変えました。

ただ前髪がある方には少し明るすぎるのでもう少し暗い色がいいかなと思います。または毛並みに沿って軽くつけるかですね。結構薄くなります。

完全に黒髪ではない暗いめの髪色の方にはベストマッチだと思います。

さいごに

黒髪でもブラウン系やグレー系など黒ではなく、すこし明るめの眉色にすると雰囲気が変わるよ!眉マスカラが手軽だよ!という話と、おすすめの眉マスカラを記しました。

ほんとにさっと塗るだけなので、手間を掛けずにすっぴん寄りでも雰囲気を変えることができます。ぜひ試してみてくださいね。