おすすめ記事「カスタマイズできるシャンプー「MEDULLA(メデュラ)」の口コミ!使った感想を書いていくよ!」

唇が荒れる・ぱっくり割れる・切れる方へ 乾燥対策とおすすめのリップクリーム

スポンサーリンク

冬になると外はからりと乾燥しはじめ、部屋のなかも暖房で乾燥します。悩まされるのが唇の荒れ

多少荒れるだけならともかく、切れたりぱっくり割れたりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。かくいう僕も冬になると毎年、唇がぱっくり割れて血がでていました。

 

それがここ数年、リップを変えたらすっかり割れなくなったので実際にやった乾燥対策とおすすめリップクリームを書き記そうとおもいます。

 

アイキャッチ

スポンサーリンク

唇が荒れる・割れる原因と対策

唇が荒れる・割れる原因はおおきく分けるとつぎの3つです。

 

  1. 乾燥
  2. 刺激
  3. 生活習慣

 

1つずつ説明しますね。

乾燥

1番の原因はやはり乾燥です。冬になるとそとの湿度もさがりますし、屋内は暖房で乾燥します。唇は角質が薄くて皮脂もないので乾燥の影響をうけやすいんです。

外ではマスク、屋内では加湿器が効果的です。

 

よくあるだめな習慣は唇をなめること。なめると濡れるからいいじゃん?と思っている人がいるかもしれません。

なめることで唇の油分を奪ってしまうだけでなく、なめたことで唇についた唾液が蒸発するときに、唇の水分がいっしょに持っていかれるんです。

舐めるのではなくリップを塗りましょう

 

外の乾燥だけでなく、からだの内からの乾燥も注意です。水分不足ですね。とくに冬は夏にくらべて、水分をとるという意識がすくなくなります。

こまめな水分補給を心がけましょう。

 

~原因と対策のポイントをチェック!~

  • 湿度が低い→外ではマスク・屋内では加湿器
  • 唇を舐める→意識して舐めない・リップを常備
  • 水分不足→こまめな水分補給

刺激

唇への刺激も荒れや割れの原因です。

まずは摩擦。食事後に口をふくのにごしごしこすったり、メイクを落とすときに強くこすったり。

 

リップクリームの塗りすぎもそうです。なのでリップクリームは「ぬりなおしの必要がすくなく長く持つもの」を選び、リップクリームが落ちてしまわないような習慣を身につけましょう。

1度塗ればあまりぬらなくていいおすすめのリップクリームと、リップクリームを落とさない習慣はこの記事の下の方で紹介しています。

 

紫外線にも注意です。唇は紫外線にも弱いんです。シーン合わせてUVカット効果のあるリップを使用するようにします。

 

リップクリームや口紅をはじめ唇につけるものが自分に合ってないことも原因になります。ただ安いからといって使っていたり、いくら発色がよくても自分に合わないものは使うのをすぐにやめましょう

またリップメイクを落としきれてないのも荒れの原因になります。

 

~原因と対策のポイントをチェック!~

  • 摩擦→ごしごしこすらない・リップクリームの塗りすぎに注意
  • リップクリームやメイクが合わない→自分にあったものを探す・使う
  • メイクが落としきれてない→意識してクレンジングを

生活習慣

唇もからだの一部ですから、生活習慣の影響を受けます。

 

睡眠不足や暴飲暴食、ストレス。

生活習慣のみだれによる胃腸の荒れはとくに唇で出やすく、偏食によるビタミン不足も荒れをさらに悪くします。規則正しい生活をし、しっかり栄養をとりましょう。

 

どのビタミンが不足すると唇が荒れやすいかというと、主にビタミンB群ビタミンCです。とくにビタミンB2とビタミンB6ですね。

取りいれやすい食材はレバー、卵、納豆、果物です。どうしても乱れがちならサプリメントに頼ってしまうのも手ですが、あくまで食生活での改善を目指しましょう。

 

 

~原因と対策のポイントをチェック!~

  • 生活習慣の乱れ→十分な睡眠・ストレスケア
  • 栄養不足→ビタミンB群とビタミンCを中心にバランスの良い食事を
  • 食生活が乱れがち→サプリメントで補強しつつ実現を目指す

乾燥対策・ぱっくり唇改善に意識したこと

唇の荒れ・ぱっくり割れの治し方としてよく、はちみつパックやワセリンがおすすめされています。でも僕はそれじゃあ治らなかったんですよね。

毎年ぱっくり割れて痛いし血が出るし、見た目もへんだし・・・。と治らず悩んでいた僕の唇が、この2年は割れてないんです。

 

ここからは僕が具体的に意識したことを書き記していきます。上の章に書いた原因と対策すべてを意識するのはもちろんですが、とくに意識したのは次の2つです。

 

  • とにかく湿度を保つ
  • 合うリップクリームでつけ直しは最低限

 

夏は割れずに、冬は割れる。湿度が低くなったことによる乾燥が原因なのはあきらかなのです。だから「部屋の湿度を年中おなじにする」ことを意識しました。

おすすめしたいのは加湿空気清浄機

 

 

くわしくは別ブログの「冬の乾燥に加湿空気清浄機が超おすすめ!」にまとめています。

 

とくにかく部屋の湿度は50~60度をキープ!風邪の予防にもなりますし、唇だけじゃなく肌全体の乾燥対策にもなるので一石三鳥です。

 

それから合うリップクリームの摩擦を減らすためにつけ直しを最低限にすること。おすすめのリップクリームは次の章で紹介します。

僕なりの小技としておすすめなのが、飲みものはストローで飲むこと

 

乾燥対策ストロー

 

水分はこまめに取りたいけれど、コップに口をつけて飲むとリップがコップについたり飲み物が唇についたりで、リップが取れちゃうんですよね。

これを解決するのに一役買ってくれるのがストロー。ぜひおためしあれ。

実際つかって割れなくなったおすすめのリップ

乾燥対策もたいせつですが、それは前提。「これを使いはじめて唇が割れなくなった!」というリップが2つありますので、ご紹介します。

もともと安いリップクリームが合わなくて白色ワセリンがいいと聞き、使って多少はマシになったのですが割れは治らず・・・。

 

白色ワセリン

 

こんなに使ってました(笑)。いまはもうほとんど使っていません。

いろいろ試してこの2つに行き着きました。

Dior ディオール アディクト リップ マキシマイザー

 

1つめ。Dior ディオール アディクト リップ マキシマイザー。リップグロスまたはリップ下地、また単体でも使用できます。

 

マキシマイザー

 

 

これ以上によい口コミをもらっている化粧品はあるのだろうかというくらい人気で評判のいいリップです。
リップを塗った上からグロスとして塗ってもよし、リップを塗る前に下地として塗ってもよし、これだけで塗ってもよしの万能リップ。

 

成分としてカプサイシンがふくまれており、塗るとすこしピリッとし唇がふっくらします。

もちろん合う合わないはあると思いますが、これを使いはじめてから唇が荒れなくなりました。縦じわも目立たなくなり、ふっくらします

 

色はうすいピンクで発色はほぼなし。いまピンクがすこし強い005を使っていますが、001と発色はあまり変わりません。たしか005は限定品だったかな?007がもっとも発色します。

 

デパコスで3000円以上する商品ですが、リップグロスとして優秀なだけでなく同時にリップケアができるすぐれものです。使ってみれば値段なんて気にならず、手放せなくなると思います。

マキアージュ ドラマティックリップトリートメント

 

もう1つはマキアージュ ドラマティックリップトリートメント。美容オイルがはいっているリップクリームです。

 

 

 

このリップクリームの魅力はなんといっても保湿力・持続の良さ。1度塗るとずっと潤いがつづきます。

上で紹介したように飲みものをストローで飲むなどすれば、半日は塗り直さなくていいくらい持続するんです。

 

リップクリームは安いものだと100円くらいで買える中、マキアージュ ドラマティックリップトリートメントは2000円。でもこれを使うと、もう安いリップを使えなくなります

 

この2つを使いはじめてから、毎年ぱっくり割れていた唇がうそのように割れなくなりました。

追加:ベキュア ハニーメルティコンク

マキアージュ ドラマティックリップトリートメントの減りが早いので、家で使うようにと買ったのがベキュア ハニーメルティコンク

 

ベキュア ハニーメルティコンク

保湿力はマキアージュ ドラマティックリップトリートメント>ベキュアハニーメルティコンクですが、ほぼ同じ保湿力で減りの遅さが全然違うので、コスパは抜群です。

もし荒れてしまったら・・・

ケアをしていても、もし荒れてしまったらのために医薬品のリップを用意しておくと安心です。幸いまだ使用の機会はないんですが、その特徴からおすすめの医薬品リップを紹介しておきます。

 

医薬品リップ

 

 

ユースキン メディリップです。普通のリップクリームとちがい、第3類医薬品のリップクリームです。それだけ効果がたかいということですね。

 

もうひとつ第3類医薬品のリップとしてモアリップが候補にあがります。モアリップに比べてユースキン メディリップがすぐれている点はテクスチャーがかたくて重いので、唇にのこりやすいんです。

モアリップはくらべて水っぽいテクスチャー。塗りやすさ・使いやすさはモアリップです。

 

 

有効成分はどちらも同じです。

しっかり塗りたいかたはユースキン メディリップ、ベタベタするのが苦手なかたはモアリップを備えておくといいと思います。

まとめ

リップケアというと唇スクラブして~唇パックして~など時間も手間もかかりますが、特別なことをせずシンプルに乾燥対策していいリップを使うことで毎年ぱっくり割れていた唇が割れなくなりました。

 

  1. 部屋は加湿、外ではマスク
  2. バランスの良い食事
  3. 飲みものはストローで(唇が乾燥しない習慣・ぬりなおしを少なくする習慣)
  4. ディオール マキシマイザー
  5. マキアージュ ドラマティックリップトリートメント

 

とくに意識したのはこの5点です。乾燥対策はまちがいないと思います。紹介した2つのリップは口コミでも評判がよく、リップケア性能が高いもの+保湿力がすぐれているものの組み合わせです。

 

化粧品ですからどうやっても合う合わないはあると思います。でも試さないと分かりませんし、これで荒れていた唇が治るなら儲けものです。だまされたと思って、一度つかってみてください。

 

長年ぱっくり割れる唇に悩まされていました。それがうえのポイントを意識したら割れなくなったんです。この記事がすこしでも唇の荒れで悩んでいる人の力になればと思います。