おすすめ記事「実際使っておすすめできる人気のクレンジングオイル5選!」

ビーエスコスメ「セラミド美容液」を使ってみたので口コミ!+成分・使い方の解説

スポンサーリンク

密かな人気を誇るビーエスコスメの「セラミド美容液」

「手作り化粧品工房 ビーエス-コスメ」さんの名前通り、垢抜けない手作り感のあるパッケージながら、評判が良いので気になっていました。

 

今回はこのセラミド美容液を実際に使ってみましたので、使用感とか感想を1つの口コミとして書きつつ、成分的にどうなの?みたいなところも書いていこうと思います!

 

ビーエスコスメ セラミド美容液とその文字

スポンサーリンク

ビーエスコスメ「セラミド美容液」、成分を見るとこんな特徴の商品です

ビーエスコスメ セラミド美容液の成分表示

 

ビーエスコスメ セラミド美容液の全成分は↓

水、グリセリン、クレアチニン、ポリグルタミン酸、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、フィトスフィンゴシン、ヒドロキシプロピルキトサン、BG、シソ葉エキス、ヒアルロン酸Na、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、1,2-ヘキサンジオール、トレハロース

 

グリセリンベースに、セラミド1、セラミド3、セラミド6IIと配合された、その名の通りセラミド美容液です。

フィトスフィンゴシンもセラミドの類似成分で、コレステロールもセラミドと共に細胞間脂質を構成する成分です。

 

セラミドは、肌の1番上にある角層の水分保持に重要な成分です。
肌にもともとある成分ですが、化粧品から補うことで肌の水分量・バリア機能などが改善されます。
わかりやすい効果があるというよりは、肌の機能の「底上げ」のイメージです。

 

その他、

  • クレアチニン:結構珍しい成分?で、メラニンネットワーク形成を阻害する美白成分です。
  • ポリグルタミン酸:納豆のネバネバ成分ですね。保湿にいい感じ。
  • ラウロイル乳酸Na乳化剤=界面活性剤です。セラミドは水に溶けないので、基本的には必須です。

 

ヒドロキシプロピルキトサン、ヒアルロン酸Na、カルボマー、キサンタンガムなど増粘性のある成分も入っている+グリセリンベースなので、とろっと感のある化粧水・美容液だと予想できます。

 

マニアックな話をすると、「SK-Influx」というセラミド原料をベースに、クレアチニン、ポリグルタミン酸、シソ葉エキスあたりの美容成分をプラスして、グリセリンやヒアルロン酸Naやトレハロースで保湿力を高めた美容液となっています!
もっと踏み込むと、セラミド類以降の成分は確実に1%以下の配合量になっていて、原料のラウロイル乳酸Naの濃度(原料に10%配合)的に、1番多く配合されているセラミド3(原料に1%配合)の濃度は多くても0.1%以下と予想できます
上の通りだとすると、セラミド全て(原料でのセラミド1:0.001%、セラミド6Ⅱ:0.5%)合わせて最大に見積もっても0.15%になり、実際はもっと少なめかなと思っています(あくまで予想です)
 

ちなみに同じくビーエスコスメから販売されている「セラミド原液」は、この「SK-Influx」という原料のことです!

実際に使ってみたので口コミ!

ビーエスコスメ セラミド美容液のアップ

 

こんな感じの容器に入ってます。容器を押すと少しずつスポイト感覚で出ます。

サイズは10ml(378円)・30ml(864円)・110ml(2160円)があって、大容量なほどコスパが良くなっていく感じです。

(Amazonだと送料込みの値段になってます)

化粧水として単体使いも出来る、保湿力も結構いいセラミド美容液

ビーエスコスメ セラミド美容液を手に出した様子

 

グリセリンベースに増粘剤も入ってますので、とろっと感の強い美容液です。

手に出すと分かりづらいですが、少し白濁しています。

 

もともとのセラミド原料が白濁しているので、同じくセラミド1・3・6Ⅱが配合されていて、まるっきり透明なセラミド化粧水よりは全然効果が期待できると思っています

 

グリセリンベースで、ヒアルロン酸やポリグルタミン酸も入っていますので、保湿力は結構あります

しかも表面的な保湿だけでなく、セラミドが肌自体の水分量・バリア機能も底上げしてくれます!

 

美容液となってますが、使用感はとろみのある化粧水ですので、単体使いも全然いいと思います!

 

脂性肌の方だと、むしろこれ以上の保湿力をプラスすると油分過多になるので、ちょうどいいかもですね~

手のひらの上でこすり合わせると白っぽくなるけど、気にしなくてOK

ビーエスコスメ セラミド美容液が白っぽくなる(泡立つ)様子

 

使っていて少し気になるかもなのが、手のひら全体にのばすためにこすると、こんな感じで細かい泡というか、白っぽくなります

セラミドを溶かすのにそれなりの界面活性剤(とはいえ1%以下)が入っていますので、乳化しちゃうのか、または別の可能性もありますが、特に気にしてなくてOKです!

シールのラベル部分がちょっとベタベタします

ビーエスコスメ セラミド美容液の残念ポイント、白いラベルを濡れた手で触るとベタベタする

 

使っていて1点だけ残念なところは、容器の白いシールラベル部分。

美容液としての効果には全然関係ないんですけど、白いシールラベル部分が水にふれるとベタつくんですよね…。

 

美容液ですから、化粧水を使ってからつけるじゃないですか。

そのときに、化粧水で湿った手で持って開けようとする時に、ベタベタするのがマイナスポイントです。

 

使っていくとだんだんベタつかなくなるのですが、使用感としてはちょっと嫌ですよね~

ビーエスコスメ セラミド美容液の上手な使い方・順番

基本的な順番は、化粧水→セラミド美容液→乳液→保湿クリーム

 

でもセラミド美容液といいつつ、グリセリンベースの保湿力もそこそこ優秀な化粧水とも言えると思います。

なので化粧水の部分に置き換えて使ってもいいですし、保湿力も高いので油分が足りてる方は単体使いも出来ます!

 

目安になりますが肌質別の組み合わせは↓

脂性肌

保湿剤が多すぎると油分過多になって、ニキビが出来やすくなったりするので、

  • セラミド美容液単体使い
  • さっぱり系の化粧水→セラミド美容液
  • セラミド美容液→かなり軽いテクスチャの乳液

↑このへんで比べてみて、皮脂が出すぎず乾燥もしない組み合わせを見つけるのがいいと思います!

普通肌

皮脂がほどよくはでるけど、化粧品では補いたいという普通肌の方は、

  • 化粧水→セラミド美容液→オイル1~2滴or乳液
  • セラミド美容液→オイル1~2滴or乳液
  • セラミド美容液→軽めの保湿クリーム

↑あたりから試してみるといいかも。

普通肌でも、セラミド美容液単体使いで大丈夫な人はいそうだなと思います!

乾燥肌

保湿力高めといっても、セラミド美容液だと油分が足りないので、一緒に油分を補給するのがいいと思います!

  • セラミド美容液→保湿クリーム
  • セラミド美容液→乳液→保湿クリーム

乾燥肌の度合いによりますが、↑で乳液・保湿クリームの保湿力で乾燥しないラインまで調整するのがおすすめ!

 

セラミドケアを継続すると、肌の水分量アップが期待できますので、その都度でスキンケアのラインナップは調整するといいと思います!

セラミドを補給するにはやっぱりクリームだけど…

ビーエスコスメさんの販売形態を考えると、いわゆる「ブランド料」「広告費」が比較的かかっていないと予想できます。

なので有名ブランドと比べて、セラミドの配合量を多くした上で、価格は安く出来る=コスパがいいと思っています。

(↑あくまで予想です)

 

ただし正直、セラミドの配合量をもっと求めるのであれば、クリームタイプがおすすめです。

セラミドは水に溶けにくいので、化粧水にはしづらいんですよね。

 

 

実際、例えば自分が使っているセラミドクリーム「ナチュセラライト」はセラミド含有量が0.3%以上、同社の「ナチュセラクリーム」は0.4%以上も入っています。(ヒフミドやトゥヴェールは4%以上入っていますが、これらはセラミド2が大量配合されていて、少し話が違っています)
セラミド美容液は最大でも0.15%で、実際はもう少し低いと予想できますので、その差が分かると思います。
ただナチュセラはセラミド配合量が最大レベルでかつ%を記してくれていますが、他のセラミドクリームは全てと言っていいほど非公開で、どのくらいセラミドが入っているかはわかりません
クリームであってもビーエスコスメ セラミド美容液の方が、セラミド含有量が多い場合も全然あると思います。

 

ですがクリームは油分量や保湿力が高く、使う人を選びます

なによりセラミドはめちゃくちゃ高い原料なので、ちゃんと入ってるのはそれなりに高いです…(笑)

 

ビーエスコスメ セラミド美容液は、

  • 化粧水感覚の軽いつけ心地で使える(クリームだと保湿過多になる方におすすめ)
  • セラミド含有量は化粧水なので控えめだけど、低価格でセラミドケアが出来る
  • ビーエスコスメさんの販売形態的に、安価にしてはそれなりにセラミドが入っていそう→良コスパだと予想できる

という強みがあって、当てはまる方にはかなりおすすめです。

 

セラミドは少量でもそれなりに効果を発揮してくれるらしいので、コスパ良くセラミドケアを組み込みたいって方には、セラミド美容液はぴったりだと思います!

取扱店は公式サイト・Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどネット通販のみ、30mlでお試しがおすすめ

ビーエスコスメ セラミド美容液

 

どこで売ってるかというと、薬局・ドラッグストアでお探しの方もいらっしゃるのですが、ネット通販のみの販売です。

公式サイトの他、Amazon、楽天、ヤフーショッピングでも公式ショップがあって価格は基本同じです。

 

 

Amazonは売り切れになりがちで、送料込みになってることが多いです。

楽天・ヤフーショッピングは基本の送料が500円に設定されてますが、セラミド美容液30ml単体での注文なら70g以下で、定形外郵便・送料140円が選択可能なので、変更をお忘れなく。

 

もう1度サイズと値段を書くと、

  • 10ml:378円
  • 30ml:864円
  • 110ml:2160円

 

大容量なほどコスパがいいのですが、お試しなら2週間~1ヶ月使えて、送料も140円ラインにおさまる30mlがおすすめです!

 

タイトルとURLをコピーしました