おすすめ記事「カスタマイズできるシャンプー「MEDULLA(メデュラ)」の口コミ!使った感想を書いていくよ!」

ティントって何?意味は?リップとの違いは?

スポンサーリンク

はじめてティントって聞いたとき、「え、なにそれ?」ってなりました。そこで、聞いたことはあっても意味は知らないという方や初めて聞くという男性に向けて、意味や使い方を記そうと思います。

 

ティントの意味 アイキャッチ

スポンサーリンク

ティントとは

ティントは韓国発の主にリップに使うコスメで、日本でもすっかり定着しています。ティントは英語の「tint」の通り、染める・色を写すという意味です。

踏まえれば文字通り、唇の表面にとどまらず角質にまで浸透して着色します。普通のリップメイクは表面に色をつけるだけなので、ここが違いですね。

 

この性質上、肌質や体温によって発色が少し違うので、個人によって多少違いがでます。浸透するので落ちにくいのがメリットですね。

食事したり飲み物を飲んでも落ちにくくなっています。

 

反面唇への負担は大きく、乾燥しやすいのがデメリットです。また落ちにくいゆえに唇への影響も心配ですが、浸透した色は唇のターンオーバーで落ちるので悪影響はないとされています。

しかし新しいものゆえ長期的に見て影響がないとは言い切れないので、心配な人は避けてもいいと思います。

 

唇が荒れている時に使用すると、皮が剥けたところとそうでないところで色の付き方が違ったりして不自然になるので、普段からケアをしっかりしたいですね。

ティントの種類

ティントには数種類ありますが、一般的には次の2つが選ばれると思います。

 

オイルティント
オイルが配合されたティントで、乾燥しやすいというデメリットを補ってくれます。グロスのように濡れたような質感に仕上がります。同じく髪がひっつきやすいのがデメリットですかね。

 

ティントリップ
一般的な口紅と同じくスティック状をしたティントです。グロスほどではないですがティントの性質を考慮して保湿成分が与えられていることがおおく、マットになりすぎない質感に仕上がります。

 

他にもパック型やめん棒型がありますが、あまり見ないですね。リップメイクだけでなく、眉ティントやティントチークもあります。

おすすめのティント

それほど多くの種類を使ったことはないですが、実際使ってみておすすめのティントをご紹介します。試しやすいプチプラで!

 

・ロレアルパリ ユイルカレス

 

 

8色展開に最近2色が追加されて、10色から選べるオイルティントです。オイルティントなので単体でグロスにも使えますが、意外とサラッとしています。

806番を持っていますが、薄くつければ自然なピンクなので男子でも使いやすく感じます。

 

下唇の中央内側よりにつけて、全体にのばすように使っています。他のリップとも並行して使いやすいと思います。ただ香りが独特で人によっては苦手かもしれません。あと口に入るとかなり不味いです(笑)。

 

・キャンメイク ステイオンバームルージュ

 

 

ステイオンバームルージュは05番も持っていますが、T01~03がティントタイプになっています。こちらはバームと名がついている通り保湿力に優れているのが魅力です。

UVカットなのもいいですね。ツヤはそれほどでないので、薄くグロスと併用するのをおすすめします。

 

・キャンメイク クリームチーク ティント

 

 

01番を使っています。かなり評価が高いティントチークで、落ちにくいのが魅力です。ティントですがクレンジングでしっかり落ちるのでご安心を。

クリームチークですが結構さらっとしています。発色は控えめですがその分むらになりにくいので薄~くつけれて重宝しています。

さいごに

ティントとは何か、種類と特徴、おすすめのティントについて記しました。メイクしないと全く聞き馴染みのない言葉ですよね。着色する性質上、メリット・デメリットを理解して使いたいものです。