新着記事「LUSH オーシャンヴェールウォーターの使い方と、使用口コミ!」

夏を満喫したけど焼けなかったよ!実践した日焼け対策まとめ

スポンサーリンク

夏といえば海や山と屋外で楽しむイベントが多く、日の下でめいいっぱい満喫したい反面、強い日差し・紫外線による日焼けが最大の敵ですよね。

日焼けは絶対にしたくないけれど・・・夏は楽しみたい!との野望をもとに、日焼け対策をあれこれやって夏を満喫した結果、ほとんど焼けなかったので実践した日焼け対策をまとめようと思います。

 

日焼け対策 アイキャッチ

スポンサーリンク

日焼け止め

毎日外に出る時は当然、日焼け止めを塗りたくります。僕の日焼け止めを選ぶ基準はこちらでした。

 

・塗っても目立つほど白くならない
・日焼け止め特有の匂いが強くない
・SPF、PAが高いもの
・シーンによって使い分けられる数種類

 

まず白くならない・匂いが強くないものですが、最近の日焼け止めは十分考慮されているのかどれを選んでもそれほどひどいものはない印象です。

 

SPF・PAの強さについて、数値が高いほど肌への負担も大きいので時間帯やどれだけ屋外にいるかを考慮して選ぶべきなのですが、僕は数値の高いものをつけても一切肌トラブルがおきなかったので常に数値が高いものを使用しています。

 

そして重要なのはシーンに応じた使いやすさです。さっと近所のスーパーにいくだけならスプレータイプでさっと塗布すると便利ですし、屋外に長くいるならクリームやジェルで細かいところまで塗りたいところ。海やプールに行くならウォータープルーフのものを選びたいですね。

 

SPFとは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。数値は「サンバーン(赤くなる日焼け)の原因になる紫外線B波(UVB)をどれほど防げるか、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍にのばせるか」を示しています。最大は50+(51以上)です。
PAとは、プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UVA)の略です。PAのあとに続く+の数は「サンタン(黒くなる日焼け)の原因になる紫外線A波(UVA)をどれだけ防げるか」を示しています。最大は+が4つです。

 

日焼け止めを使う際に気をつけたいのは塗り残し。特に忘れがちなのが耳、首、デコルテです。耳だけ真っ赤になってヒリヒリしたり顔が白浮きしちゃわないように、塗り残しには注意です。

そして塗り直しも忘れてはいけません。汗をかいた場合・日差しが強い場合・水につかる場合は都度塗り直すことで効果が持続します。

おすすめの日焼け止め

特別な日焼け止めを使っていたわけではありません。そこら辺に売っている安いものを使っていましたが、効果は十分でした。

 

 

上のビオレは少し白くなり日焼け止めの匂いも多少する、昔ながらの日焼け止めの特徴を残してはいますが、気になるほどではありませんでした。

ジェルタイプの少し高い日焼け止めも使っていましたが、塗りごこちからこちらをよく使っていました。

人目をはばからず日傘

日焼け止めだけで安心してはいけません。紫外線は目からも入りますし、頭皮はなかなか日焼け止めケアができないので日傘は必須です。

日傘には体感温度を下げてくれる役割もあるので、夏は一石二鳥ですね。

 

日傘の色はがおすすめです。白いと地面からの照り返しをレフ板のように反射してしまいます。 日差しが強い日はもちろん曇りの日でも紫外線は降り注いでいますので、人目をはばからずいつでもどこでも日傘をさします。

子どもに「雨降ってないよ!」って言われてもです。

 

女性には少し重いですが、自動開閉の折りたたみ傘は片手が塞がっていても使えるので便利です。使用感はこちらにまとめていますので、興味があったら見てみてください。

 

自動開閉ボタン付きの折りたたみ日傘が想像以上に便利だったので紹介する

できるだけ日陰を歩く

建物の影などを見つけて歩くのも効果的です。それはもうさながら忍者のように。

日焼け止めを塗ってしばらく経っているし日傘も忘れたし・・・という時は、日向をダッシュして日陰を歩くようにすると幾分ましです。

ファッション

夏らしく半袖短パンもいいですが、基本的に7分丈に長ズボンを着用していました。そもそも半袖短パンは似合わないですし(笑)。

日傘と同じで頭皮・目は日焼け対策しづらいので、帽子やサングラスを積極的に使うのもいいですね(僕は似合わないので諦めました)。

 

メガネのレンズにUVカットが入っていたので、ちょっとスーパーに買い物に行くくらいならメガネを着用するようにしていました。女性なら手のカバーを使用するのもいいですね。

サプリメントで補助!

紫外線対策として、ビタミンCマルチビタミンL-システインあたり摂るのがいいと思います。

 

 

特にビタミンCとL-システインは皮膚に寄与する栄養素なので、サプリメントで適量を摂取するといいですね。ビタミンCについてはこちらで詳しく記しているのでよかったら見てみてください。

 

ビタミンCのサプリメントは美容に効果的?2ヶ月飲み続けた結果・・・

 

ただしサプリメントはあくまで補助なので、食生活も意識することが大切です。L-システインの過剰摂取は吐き気や腹痛だけでなく、メラニン生成を阻害する性質上紫外線の影響を受けやすくなって活性酸素によりシミが増えたりします。

サプリメントの推奨摂取量を守るようにしましょう。

あと太陽に負けないサプリということでホワイトヴェールを飲んでいます。

 

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール、粒の様子

 

ただ飲む日焼け止めって効果がほぼないので、マルチビタミン的な意味で、あと気休めで飲んでます。やすいですし。

飲む日焼け止めについては「飲む日焼け止めが「効果なし」な理由と上手な飲み方・付き合い方を解説するよ!」にまとめていますので、ご興味があればぜひ!

飲む日焼け止めが「効果なし」な理由と上手な飲み方・付き合い方を解説するよ!

食生活

サプリメントは補助としてバランスの良い食事を取るのは基本で、加えてビタミンCを摂るためにフルーツを積極的に食べるようにしていました。

 

手軽に毎日食べられるのおすすめのフルーツはキウイです。キウイの栄養密度はりんごの6倍で、少量でも栄養ぎっしりです。黃肉種であれば1個で1日のビタミンC推奨量をまかなえますし、半分に切ってスプーンでさっと食べられて値段も安いので、続けやすいのがポイントです。

 

Lシステインはたんぱく質のもとなので、たんぱく質を多く含む食品を積極的に摂るといいでしょう。野菜にも含まれていますので、バランスの良い食事をしていれば問題はありません。

たんぱく質の含む食品は分散させると付随する栄養素も多様化するのでいいですよ!たんぱく質が不足しがちという方はこちらを読んでみてください。

 

たんぱく質が不足しないために僕が意識していること - 生かし屋さん。
ダイエットの話題に暇がない昨今、食事量の制限や炭水化物の制限、野菜の摂取に意識を置くと、どうしても忘れがちになるのがたんぱく質です。 野菜中心の生活で低カロリーの食事を心掛けていたり、忙しさにかまけて食事が簡易的になったりすることで、日本人はたんぱく質の摂取量が減少傾向にあります。 そこで、僕がたんぱく質を意識的に摂る

日焼け対策でビタミンD不足!?

ビタミンDは経口摂取だけじゃなく、紫外線を浴びることにより体内で生成されます。ビタミンDを含む食事をせずに日焼け対策をしすぎるとビタミンD欠乏症になりやすくなってしまいます。

当たりすぎるのもよくないですが、対策しすぎるのも考えものということです。

 

解決策としては朝の日光が弱い時間に少しだけ外に出るなどですね。ただ夏場は日焼け対策をしても防ぎきれていない場合も多いので、食事で積極的に摂るといいですね。 ビタミンDを多く含む食品は主に魚介類です。

 

普段でも魚は意識しないと不足しますので、気をつけて食べるようにしましょう。きのこ類にも含まれていますので、秋を先取りしてきのこを多く食べるようにもするといいですね。

食事では無理・・・!という方はやはりサプリメントからの摂取になります。

 

 

先程から複数のサプリメントを紹介していますが、サプリメントに頼り複数の種類を摂るのはあまりおすすめしません。基本は食生活を気をつけて、個人的には多くても2~3種類におさえるのを推奨します。

うっかり日焼けしちゃったら

うっかり日焼けしちゃった場合は、とにかく冷やすことからはじめます。日焼けは肌が火傷している状態なので、熱を持っている状態にせずすぐに冷やします。

同時に乾燥状態にもなっているので、化粧水やクリームを使って保湿をしっかりと行います。

 

メラニン生成やを抑えたりターンオーバーを促したりするために、前項で取り扱ったビタミンCやL-システイン、加えてビタミンA・ビタミンEなどを積極的に摂ります。

あとはよく寝ることですね。

夏だけじゃなく・・・

この夏、僕が行ってきた日焼け対策・紫外線対策を記してきました。日光を防ぐのはもちろん、内側からも対策していきたいですね。

 

紫外線が多い時期は夏ですが、春秋冬にも紫外線は降り注いでいます。適度に日光を浴びるのは健康面でも必要ですが、浴び過ぎは避けたいものです。

適度に日焼け対策を続けていきたいですね。