おすすめ記事「実際使っておすすめできる人気のクレンジングオイル5選!」

2017年ベストコスメをプチプラの中から選んでみる

スポンサーリンク

人のベストコスメを見るのが好きなので、どうせなら自分も選んでみようと思ってすべり込み・・・というか出遅れ感すごいですが2017年ベストコスメを書いていきます。

デパコスのはずっと使っているのが多いので、プチプラに絞って紹介しようと思います!

 

ベストコスメ2017アイキャッチ

 

スポンサーリンク

2017年ベストコスメ~プチプラ限定~

ケイト 眉マスカラ 3Dアイブロウカラー BR-1 ナチュラルブラウン

ケイト 眉マスカラ 3Dアイブロウカラー BR-1 ナチュラルブラウン

 

2017年5月発売のケイトの眉マスカラ。眉マスカラといえばヘビーローテーション カラーリングアイブロウも使っていますが、個人的にケイトのほうが好みで使う頻度はナンバーワンでした。

塗りやすく、なんならそのまま薄い部分につけて描いちゃいます(笑)。

 

2017年から2018年の年末年始は限界コスメ的なのも話題になりましたが、ワンポイントどこかをメイクするなら眉です。眉大事。

自眉はけっこうあるので、とりあえず眉マスカラだけ塗っておけばどうにかなると思っています。(カラコンは前提、というか体の一部(笑)

ロレアル パリ ユイルカレス 806 ピンク

ロレアル パリ ユイルカレス 806 ピンク

 

リップほど毎日ばらけるものはないですが、1番使ったとなればロレアルパリ ユイルカレスのピンクです。オイルティントで薄付きなのがつけやすく、とくにティッシュオフする必要もないのでおのずと使う機会が増えていた気がします。

 

「40秒で支度しな」というときはうえの眉マスカラとこれをマキシマイザーの上に塗って出かけていました。

エテュセ テカリ・毛穴 修正液 オイルブロックベース

エテュセ テカリ・毛穴 修正液 オイルブロックベース

 

2017年の4月に追加発売されたこいつ。今年多くの人がベストコスメに選んだんじゃないでしょうか。

皮脂をおさえる下地といえばセザンヌやプリマヴィスタも持っていますが、CCクリームなど別の下地を使いたいときに、鼻周りのピンポイントに使えるのでめちゃくちゃ重宝しました。

 

鼻周りやTゾーンを中心に皮脂が気になるところにのばすだけです。すぐにサラサラになって、質感は若干マットになります。

効果もすごくって、忘年会や新年会で朝まで飲んでもなぜか僕だけ崩れていないなんてことも。夏はもちろん、暖房のきいた部屋で汗のにじむ冬でも活躍してくれました。

エテュセ マスカラ下地 ラッシュバージョンアップ

エテュセ マスカラ下地 ラッシュバージョンアップ

 

かなり前に発売されたものですが今なお@cosmeベストコスメアワードで上位を取り続け、2017年はベストマスカラ下地・トップコート第1位。黒色のマスカラ下地です。

ベース男なのでふつうのマスカラはちょっとやりすぎ感が・・・という悩みにクリーンヒット。

 

黒いマスカラ下地で、細かい黒繊維配合なので自然なボリュームアップが出来てカールがキープできるので単品使いが出来るスグレモノです。

マスカラ下地ならキャンメイク クイックラッシュカーラーもブラックがあって、あっちはあっちでいいのですが、カールのキープ力が優れていて自然にボリュームアップできるエテュセが圧倒的にいいと感じます・・・。

 

ビューラー→エテュセ マスカラ下地→乾かす→ビューラーとやっていますが、全然1日キープできます。黒繊維配合で液自体は透明ブラックなので、奥二重でもまったくにじまないのもグッドです。

カネボウ ケイト ダブルラインフェイカー LB-1

カネボウ ケイト ダブルラインフェイカー LB-1

 

2015年発売ですが、今年とくに火がついたように感じます。ずっと使っていますがこれは本当にべんり。

本来はふたえのラインをなぞって濃くしたり延長したりすることでくっきりふたえを演出する、極薄ブラウンのリキッドアイライナーです。奥二重だと特にラインを延長するだけで印象がぜんぜん変わるので重宝します。

 

それだけじゃなく、極薄ブラウンが涙袋の影を書くのにもってこいなんです。さっと引いて指でぼかすだけではい終わり。あと眉にも使えたりと、めちゃくちゃ薄いんですが何役もこなすスグレモノです。

インテグレート ミネラルベース CC (SPF30・PA+++)

インテグレート ミネラルベース CC (SPF30・PA+++)

 

発売は2016年の9月。2017年1番活躍したCCクリームでした。下地として日焼け止め効果がありながらトーンアップしてくれます。これだけ塗ることも多かったです。

 

カバー力はちょっぴりですが、自然にのびて顔がワントーン明るくなり、かつ日焼け止め効果があってミネラルベースやから肌にも優しいんちゃう?知らんけどってことでめっちゃ使ってました。

ファンデーション塗るまでもってときはCCクリームだけを使うのですが、出番は圧倒的にインテグレート ミネラルベース CCが多かったです。

キャンメイク クリームハイライター01 ルミナスベージュ

キャンメイク クリームハイライター01 ルミナスベージュ

 

発売は2016年の10月。クリームハイライトなのに軽いつけ心地で、クリームとパウダーの間のようなハイライターです。

プチプラに限定しないならシマリンググローデュオに軍配があがりますが、コスパ抜群で持ち運びもしやすいので、ポーチに入れて出番は一番多かったハイライトと思います。

キャンメイク クリームチーク ティント01 フレッシュポップメロン

キャンメイク クリームチーク ティント01 フレッシュポップメロン

 

2017年発売で、クリームチークのティントタイプ。おちにくいティントタイプのチークで、めちゃくちゃ馴染みます。

血色をよく見せたいときにほんの薄くつけたり、なんなら目の周りに1番使っていました(笑)。

 

指でするっとのびて馴染んでくれるので、目の下に少し薄めに入れて隠れ病みメイクにするのに活躍しました。

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー(1.5ナチュラルベージュ)

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

韓国のコンシーラーです。これも2017年ベストコスメに挙げている人が多い印象です。チップだけのものと、スティックとチップが一緒になっているのもあります。

めちゃくちゃ安いのにカバー力があってよくのびてくれる、ふつうにすごく使い勝手の良いコンシーラーです。

 

クマはないんですがちょっと目元が暗めのときに使ったり、基本はほうれい線にだけ使っています。01(クリアベージュ)・1.5(ナチュラルベージュ)・2(リッチベージュ)をベースの色、期待する効果によって使い分けます。

2018年も良い出会いを・・・

プチプラコスメの良いところは、試しやすいところ・集めやすいところ。収集癖があるので並んでいるのを見るだけで楽しいですし、「この値段でこの仕上がり・・・!」というのに出会ったときのお得感がすごいですよね。

 

デパコスはデパコスでコレクション感があったり、見るだけ・使うだけでテンションが上がったりワンランクアップした気がしたりしますから、デパコスも欠かせないのですが。

 

2018年もいろんなコスメが発売されることでしょう。その中で良い出会いがあったらいいなと思いつつ、この記事を綴じようと思います。

 

PS. 全くベストコスメ感ないですがデパコス編は↓